独身 引越し

独身引越しでも見積もりは数社で!

見積もりで引越のサカイに来てもらった時に、岩手県産のお米をいただきました

 

2kgだったと思いますが、独身者には良いサイズでした。

 

職業を聞いたからか、隣の県(車で2時間ほどの場所)に引っ越すだけで10万円以上の見積もりを出され、他の業者での見積もりは3万円切っていたので、他の業者に頼みますと言うと、「2万5000円にするので当社で」と言われ、結局サカイさんにしましたが、とてもふっかけられたようで嫌な気分でした。

 

また、「安くする代わりに、他の引っ越す方の荷物と一緒に相席のような形で積み込みさせてもらうので、大物のみ運びますね」といわれ、しかし、引越当日荷物の搬入に来てくれた担当者はとても感じ良く、迅速、丁寧な梱包をしてくれました。

 

運んでもらう荷物は大物のみにして、後は自家用車に積もうと思っていましたが、担当者の方が「大丈夫ですよ、一緒に詰めてお持ちします」と、布団やカーテンまでトラックに積み込んでくれました。

 

見積もりに関しては腹立たしい事も多くありましたが、搬入、荷解きに関してはとても気持ち良くお仕事をしていただきました。

 

まず、独身の引越しだとしても、何件か引越業者に見積もりを依頼することです。

 

できれば、当日中に2、3件入れておくとその日の内に交渉できます。

 

査定に来た担当者は1件でも多く仕事が欲しいので、高めの金額設定でゴリ押ししてきます。

 

他の業者ならもう2〜3万は高いはずです、などと言って揺さぶってきます。

 

押しに弱い人はまずここで折れてしまうかもしれません。

 

しかし、ここで挫けないでください!一言言えばいいんです。

 

「ちょっとお高いので、他社の見積もりと比較してからにします」と。

 

もしここで、「高いって、どれくらいを見てました?」などと予算を尋ねられたら見積もり額より下回る額を提示します。

 

すると、担当者はその提示金額か、中間の額を提示してくるでしょう。

 

そこでまた「他社の見積もりと比較してからご連絡させてください」と言って帰ってもらいます。

 

2件目の業者では「1件目の見積もり額より少しだけ下回った額」を言うと、1件目に負けじと下げてくれます。